20代30代のトヨタ自動車の転職

【20代、30代転職企業図鑑】トヨタ自動車への転職

トヨタ自動車の企業沿革・概要 /【20代、30代トヨタ自動車への転職】

トヨタ自動車株式会社(英: Toyota Motor Corporation)は、日本を代表する大手自動車メーカーです。通称「トヨタ」(英語表記「TOYOTA」)と呼ばれるトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主でもあります。TOPIX Core30の構成銘柄の一つで、 トヨタグループ全体の世界販売台数は3位、トヨタブランド単独では世界第1位となっております。「レクサス」「クラウン」「ラウンドクルーザー」「86(ハチロク)」などの人気ブランドを有しており、国内でも非常に人気の高い自動車メーカーです。


トヨタ自動車の年収は高い?低い?トヨタ自動車の年収事情とは

トヨタ自動車の平均年収は約820万円(有価証券報告書参照)と日本トップクラスです。年齢別では新卒〜30歳までが約500~650万円、35歳位で700〜900万円程度、40歳以上で1000万円〜1300万のレンジ推定されます。また、ポジション別では、平社員で500~900万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。

トヨタ自動車で働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価4.23、待遇の満足度4.3、風通しの良さ3.4、と非常に高いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、「若手の内から数千万〜億単位のビジネスを任せてもらえる」「世界の自動車業界を引っ張っているという感覚・やりがいを持てる」「日常の労働時間、有給取得のしやすさなどを考えるとワークライフバランスは最高レベル」のような口コミが見られます。

トヨタ自動車ではどんな人材が好まれる?

トヨタ自動車の人材採用ページに「求める人材像」が掲載されており、このようなことが書かれています。

あえて「困難で高い目標」を自分で掲げ、現場の事実を しっかり見据えたうえで、泥臭く、愚直に、そして主体的にやり抜いていける人 他の価値観を尊重し、意見に謙虚に耳を傾け、周囲を巻き込んで仕事を進めていくことを、グローバルな舞台で実行できる人その中でも、とくに重視しているのは、「困難で高い目標を自分で掲げ、常に前向きにチャレンジできる人」「他の価値観や意見を尊重し、チームワークを大切にできる人」です。現場の事実を見据えることや泥臭く、愚直に、そして主体的に取り組むことの大切さは、たとえ採用時点では理解できていなくとも、トヨタの仕事を通じて学び身に付けていくことができると思います。グローバルレベルでの実行力もまた然りでしょう。しかし、どんな困難にもひるまず立ち向かう気概と、他の人の考えを尊重し同時に周囲を巻き込んでいく姿勢は、これから同じトヨタで働く仲間としてぜひ持っていて欲しい。 なぜなら、自動車産業は関係各社も含めると非常に大きなビジネスであり、たくさんの人々と協力しながら個々のミッションを遂行していかなくてはなりません。また事業領域のグローバル化はますます加速していきます。当然、様々なビジネス上のリスクや文化・価値観の違いなどの障害に直面することが多くあります。こうした中で常に前向きに挑戦を続け、いきいきと働いていくために、欠かせない素養だと考えているからです。 実際に面接でお会いする日を前に、ひとつお願いがあります。「あなたはどんな社会をつくっていきたいか。社会にどんな影響を与え、責任を果たしていきたいか」について、大いに考え尽くしてください。そこから導き出されたあなたの考えや価値観は、トヨタへの就職だけではなく、あなたのこれからの社会人生活そのものにとって、きっと大きな指針となるはずです。では、お会いできる日を楽しみにしています。

「世界のトヨタマン」として、周囲をリードしながら高い目標を実現できる、高いコミュニケーション能力と高い実行力を兼ね備えた人材が求められています。

トヨタ自動車の中途採用事情は?

トヨタ自動車はかつてはあまり中途採用を募集していませんでしたが、直近ではグローバル化、消費者の多様化、ビジネスモデルの転換を背景に、様々なバッググラウンドを持った中途採用を積極的に進めています。同業種からだけでなく、中には、デジタル関連のベンチャー企業から転職する方もいます。また、中途採用の場合だと馴染みにく・出世しづらいといったこともなく、転職者にとっても働きやすい環境と言えます。

トヨタ自動車に強い転職エージェントは?

トヨタ自動車は非常に転職人気が高い企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すればトヨタ自動車に合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

トヨタ自動車へ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。トヨタ自動車に転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、トヨタ自動車の人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にソニーの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!トヨタ自動車は20代30代の転職にオススメ?

総括として、トヨタ自動車は転職にオススメです。若手の内から裁量の大きな仕事、海外駐在などの経験も積みやすく、転職市場価値が高いため、特に20代、30代の若手ビジネスマンには非常におすすめできます。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です