20代、30代電通への転職

【20代、30代転職企業図鑑】電通デジタルへの転職

電通デジタルの企業沿革・概要 /【20代、30代電通デジタルへの転職】

電通デジタルは電通の主要グループ会社であり、電通の成長戦略の加速に向け、2016年7月に設立されたデジタルマーケティング専門会社です。

電通デジタルの年収は高い?低い?電通デジタルの年収事情とは

電通デジタルの平均年収は800万円程度(Vorkers、転職会議などから本メディアが独自に推定)と業界の中では比較的高い方です。年齢別では新卒〜30歳までが約600〜800万円、35歳位で800〜1000万円程度、40歳以上で1000万円以上のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で600〜800万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorkers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。

電通デジタルで働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.57、待遇の満足度3.3、風通しの良さ3.7、と比較的評価いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、「優秀な人が多く、スキル、経験、モチベーションが高い人が多い」「誰でも知っているような超有名企業のクライアントが多く大きな仕事に取り組める」「労働裁量性のため自分でワークスタイルをコントロールできる」のような口コミが見られます。

電通デジタルではどんな人材が好まれる?

電通デジタルの人材採用ページに「求める人材像」が掲載されており、このようなことが書かれています。

2016年に設立したばかりの電通デジタル。ここから一気に拡大するフェーズです。自ら能動的にどんどんチャレンジし会社とともに成長できる環境があります。メディアを取り巻く環境はものすごい速さで変化します。3年後、5年後にはきっとまた新しい環境に変わっていることは間違いありません。そのスピードに遅れず、能動的にどんどん動いていける人であればとても楽しい環境です。もっと上流工程からクライアント企業の課題解決に携わりたい。戦略立案のみならず、実行支援まで伴走したい。今までの強みを活かしながら、対応できる領域を拡大していきたい。デジタルに閉じず、マス広告やプロモーション、クリエーティブ等のプランニングとも連携していきたい。新しいサービスや新しいソリューションを創ることで、マーケティングのデジタルトランスフォーメーションを実現したい。

電通デジタルは日本一の広告代理店電通のグループ会社とはいえ、設立されてからまだ若い企業のため、ある種ベンチャー企業的な風土・カルチャーがあると推察されます。新しいことや変化を楽しみながら、スピード感を持ってビジネスに取り組める人材が求められています。

電通デジタルの中途採用事情は?

電通デジタルは中途採用者を中心とした企業であり、事業を拡大していることから、中途採用者を積極的に採用しております。メーカーのマーケティング担当者、中堅広告代理店、インターネット広告代理店、ベンチャー企業からの転職者が多いのが特徴です。現在大企業に勤めていなくても転職できる可能性は十分になります。

電通デジタルに強い転職エージェントは?

電通デジタルは設立されたばかりの若い企業で情報が少ないため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すれば電通デジタルに合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

電通デジタルへ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。電通デジタルに転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、電通デジタルの人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にソニーの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!電通デジタルは20代30代の転職にオススメ?

総括として、電通デジタルは転職にオススメです。現在大企業に勤めていなくても転職できる可能性が十分にあり、比較的高い年収も期待できます。また、これからの成長分野であるデジタル領域の専門性を高めることができるため、電通デジタルを辞めた後も、Google、Amazon、Facebook等の外資系広告企業や、大手メーカーのデジタルマーケティング担当などにステップアップできる可能性が高いです。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です