20代30代アマゾンジャパンへの転職

【20代、30代転職企業図鑑】アマゾンジャパンへの転職

アマゾンジャパンの企業沿革・概要 /20代、30代アマゾンジャパンへの転職】

2000年11月1日にAmazon.comの日本語版サイト「Amazon.co.jp」としてオープンし、日本最大のECサイトです。Amazon Primeの会員数も増えており、20代30代の方であれば、Amazon Primeの宅配サービスだけでなく、Amazon Prime VideoやAmazon Prime Musicを利用されている方も多いのではないでしょうか。US本社は創業者のジェフ・ベゾフが代表取締役CEOを務めており、日本法人はキャッセイパシフィック航空・P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・インク)出身のジャスパー・チャンCEOが務めています。アマゾンジャパンの出身者には、Peatix Japan株式会社取締役の原田卓氏がいます。

 アマゾンジャパンの年収は高い?低い?アマゾンジャパンの年収事情とは?

アマゾンジャパンの平均年収は公にはなっていませんが約700万円と推察されます。(Vorkersや転職会議などの情報から本メディアが独自に推定。)年収水準として、業界平均並です。年齢別では新卒〜30歳までが約500~900万円、35歳位で800〜1300万円程度、40歳以上で1000万円〜1500以上のレンジ推定されます。また、ポジション別では、平社員で500~900万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。アマゾンジャパンの年収制度の特徴としては、年収のうち一部(30%程度)がRSUと呼ばれる株式の支給となり、3年以上働かないと株式が満額取得できないといったルールがあります。現時点ではアマゾンの株価は上昇傾向にありますので、株式支給のメリットが大きいと言えるでしょう。

アマゾンで働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.58、待遇の満足度2.9、風通しの良さ3.8、と比較的高いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、

「同じ業界の平均よりも高い給料となっている。また結果を出せば株式の支給額に反映されるためモチベーションを保ちやすい」「アメリカの企業らしく社内試験・面接に受かりさえすれば異動しやすい「オープンで自由な風土。結果主義

のような口コミが見られます。

アマゾンジャパンではどんな人材が好まれる?

アマゾンには、グローバルで統一されているOLP(Our Leadership Principles)と呼ばれる社訓があり、アマゾンジャパンにおける人材採用・面接においても徹底的にOLPに照らしあわせて、人材要件を満たしているか精査されます。

Customer Obsession
リーダーはカスタマーを起点に考え行動します。カスタマーから信頼を獲得し、維持していくために全力を尽くします。リーダーは競合に注意を払いますが、何よりもカスタマーを中心に考えることにこだわります。
Ownership
リーダーにはオーナーシップが必要です。リーダーは長期的な視野で考え、短期的な結果のために、長期的な価値を犠牲にしません。リーダーは自分のチームだけでなく、会社全体のために行動します。リーダーは「それは私の仕事ではありません」とは決して口にしません。
Invent and Simplify
リーダーはチームにイノベーション(革新)とインベンション(創造)を求め、常にシンプルな方法を模索します。リーダーは状況の変化に注意を払い、あらゆるところから新しいアイディアを探しだします。それは、自分たちが生み出したものだけには限りません。私たちは新しいアイディアを実行する上で、長期間にわたり外部に誤解されうることも受け入れます。
Are Right, A Lot
リーダーは多くの場合正しい判断を行います。強い判断力を持ち、経験に裏打ちされた直感を備えています。リーダーは多様な考え方を追求し、自らの考えを反証することもいといません。
Learn and Be Curious
リーダーは常に学び、自分自身を向上させ続けます。新たな可能性に好奇心を持ち実際に追求します。 Hire and Develop the Best リーダーは全ての採用や昇進において、パフォーマンスの基準を引き上げます。優れた才能を持つ人材を見極め、組織全体のために進んで人材を活用します。リーダーはリーダーを育成し、コーチングに真剣に取り組みます。私たちは全てのメンバーのために新しい成長のメカニズム(例:Career Choice*)を創り出します。
Insist on the Highest Standards
リーダーは常に高い水準を追求します。この水準は高すぎると感じられるかもしれません。リーダーは継続的に求める水準を引き上げていき、チームがより品質の高い商品やサービス、プロセスを実現できるように推進します。リーダーは不良を下流に流さず、問題を確実に解決し、再び同じ問題が起きないように改善策を講じます。
Think Big
狭い視野で考えてしまうと、大きな結果を得ることはできません。リーダーは大胆な方針と方向性をつくり、示すことによって成果を導きます。リーダーはお客様に貢献するために従来と異なる新たな視点をもち、あらゆる可能性を模索します。
Bias for Action
ビジネスではスピードが重要です。多くの意思決定や行動はやり直すこともできるため、大がかりな分析や検討を必要としません。計算されたリスクをとることも大切です。
Frugality
私たちはより少ないリソースでより多くのことを実現します。倹約の精神は創意工夫、自立心、発明を育む源になります。スタッフの人数、予算、固定費は多ければよいというものではありません。 Earn Trust リーダーは、注意深く耳を傾け、率直に話し、人に対して敬意をもって接します。たとえ気まずい思いをする事があったとしても間違いは素直に認め、自分やチームの間違いを正しいと言ったりしません。リーダーは常に自分たちを最高水準と比較、評価します。
Dive Deep
リーダーは常に各業務に気を配り詳細も認識します。頻繁に現状を確認し、メトリクスと個別の事例が合致していない時には疑問を呈します。リーダーが関わるに値しない業務はありません。 Have Backbone; Disagree and Commit
リーダーは、賛成できない場合には、敬意をもって異議を唱えなければなりません。たとえそうすることが面倒で労力を要することであっても例外ではありません。リーダーは、信念をもち、容易にあきらめません。安易に妥協して馴れ合うことはしません。しかし、いざ決定がなされたら、全面的にコミットして取り組みます。
Deliver Results
リーダーは、ビジネス上の重要なインプットにフォーカスし、適正な

特に「Dive Deep」や「Deliver Results」に関しては、面接でも必ずと言っても良い程エピソードを求めれ、非常に重視されています。外資系企業というとJob Descripitons(職務範囲)が明確に決められていて、決められた範囲で確実に結果を出すことを求められることが多いですが、アマゾンジャパンにおいては、職務範囲を超えて、考え・行動できる人を強く求めています。

アマゾンジャパンの中途採用事情は?

アマゾンジャパンは新卒採用も行なっているものの殆どが中途採用者で良くも悪くも人の入れ替わりが非常に激しい会社です。メーカー、IT企業、ベンチャー企業、総合商社などの幅広い業種・企業から転職者を受け入れており、海外MBAのトップスクール出身者の転職者も一定数いるのも特徴です。中途採用の場合だと馴染みにく・出世しづらいといったこともなく、転職者にとっても働きやすい環境と言えます。ビズリーチが発表した「平均年収約1000万円のビジネスパーソンが薦める就職企業人気ランキング」においてもTOP11位に入るなど、中途転職者からも非常に高い人気を誇る会社です。

アマゾンジャパンに強い転職エージェントは?

アマゾンジャパンは非常に転職人気が高く、採用プロセスも非常に特殊な企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すればアマゾンジャパンに合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

アマゾンジャパンへ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。日立製作所に転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、アマゾンジャパンの人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時に楽天の人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!アマゾンジャパンは2030代の転職にオススメ?

総括として、アマゾンジャパンは転職に非常にオススメです。成長分野であるデジタルマーケティング・Eコマースの最先端のビジネスに携わることができるため、市場価値の向上・今後のキャリアステップアップに非常に有利に働くでしょう。20代、30代の若手ビジネスマンには非常におすすめできます。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です