20代30代本田技研工業(Honda)への転職

【20代、30代転職企業図鑑】本田技研工業(Honda)への転職

本田技研工業(Honda)の企業沿革・概要 /20代、30代本田技研工業(Honda)への転職】

本田技研工業株式会社(英称: Honda Motor Co., Ltd.)は東京都港区に本社を置く日本を代表する日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、TOPIX Core30の構成銘柄の1つです。、四輪車では、販売台数世界第7位、二輪車では、売台数・売上規模ともに世界首位、船外機は販売台数は世界第4位を誇っています。自動車では、コパクトカーの「フィット」や上級ミニバンの「オデッセイ」などみなさんも聞いたことがある車種が多いのではないでしょうか?

 本田技研工業(Honda)の年収は高い?低い?本田技研工業(Honda)の年収事情とは?

本田技研(Honda)の平均年収は約700万円です。(有価証券報告書を参照。)年収水準として、業界平均並です。年齢別では新卒〜30歳までが約500~650万円、35歳位で800万円程度、40歳以上で900万円〜1200程度のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で500~800万円程度、管理職で900万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。40歳で管理職になれば年収1000万円を目指せる企業と言えそうです。

本田技研工業(Honda)で働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.16、待遇の満足度3.7、風通しの良さ3.2、と平均並と言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、

「中途入社でも新卒入社と同じ扱い、しっかり評価してもらえる」「とにかく有給を取りやすい。会社挙げて、働きやすさを追求している「海外トレーニー制度があったり若手のうちから海外事業に取り組む機会が多い

のような口コミが見られます。

本田技研工業(Honda)ではどんな人材が好まれる?

本田技研工業(Honda)の採用ページには、採用メッセージが掲載されており、このようなことが書かれております。

「こうなればいいのに」と願うだけでは、決して世界は変わらない。成り行きに身を任せてはいないか。現実に立ち向かっているか。自分が信じた道を貫き通しているか。みちのりは険しく、正直、きつい。けれど、自ら抱いた夢を実現するのは、他の誰かじゃなくて、自分でありたい。私たちは知っている。その熱意こそが、世界を変える原動力となるということを。どうなるかじゃない。どうするかだ。

自分達で変えなければ、何も世界は変わらない。だからこそ、自分たちで世界を変えていこうという強いメッセージがこもっています。自分で思考し、実行に移せる当事者意識が高い人材が求められています。

本田技研工業(Honda)の中途採用事情は?

本田技研工業(Honda)は長年新卒採用をメインの採用としてきましたが、近年はグローバル化の加速・ビジネスモデルの変化を受けて社内で不足している人材を中途採用を通じて確保する動きが強まっています。同業種だけでなく、他業種のメーカー、IT企業、コンサルティングファームなどの幅広い業種・企業から転職者を受け入れております。

本田技研工業(Honda)に強い転職エージェントは?

本田技研工業(Honda)は非常に転職人気が高く、採用プロセスも非常に特殊な企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すれば本田技研工業(Honda)に合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

本田技研工業(Honda)へ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。本田技研工業(Honda)に転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、本田技研工業(Honda)の人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時に本田技研工業(Honda)の人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!本田技研工業(Honda)は2030代の転職にオススメ?

総括として、本田技研工業(Honda)は転職に非常にオススメです。若手の内から裁量の大きなビジネスや海外案件に携わることができるため、経験・スキルの向上、結果としての市場価値の向上を期待できます。とは言え、「本田技研工業(Honda)」というブランドに強いこだわりがないのであれば、トヨタ自動車、日産自動車も合わせて見てみることを推奨します。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です