20代30代Google(グーグル)への転職

【20代30代Google(グーグル)転職者必読】3分で読める中途採用で転職できる方法

 

Google(グーグルの企業沿革・概要 /20代、30代Google(グーグル)への転職(中途採用)】

Google(グーグル)は当事スタンフォード大学の博士課程に在籍していたラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって創業された世界最大の検索エンジン会社で、2004年8月19日に最初の株式公開されました。「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を経営理念(ミッション・ステートメント)として掲げています。日本の検索エンジン市場においては長らくYahooが高いシェアを維持していましたが、2018年時点では既にスマホではGoogle(グーグル)のシェアが69.57%、Yhaoo(ヤフー)が29.4%。パソコンでもGoogle(グーグル)が67.54%、Yhaoo(ヤフー)は23.2%というシェアの状況担っており、Google(グーグル)が圧倒的なポジションを築いています。また、2006年に買収したYoutubeも活用し、幅広い広告メディア商品を展開しており、デジタルメディア広告市場においても圧倒的なポジションを築いています。

 Google(グーグル)の年収は高い?低い?Google(グーグル)の年収事情とは?

Google(グーグル)の平均年収は約1300万円程度と推察されます。(Vorkers、転職会議等のデータを元に本メディアが独自に推察)。年収水準としては、日本トップクラスです。年齢別では新卒〜30歳までが約700〜1000万円、35歳位で1000〜1700万円程度、40歳以上で1200〜3000万円以上のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で700〜1000万円程度、管理職で1200万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。給与の他に株式の付与がある他、3食無料で食べられる食事(しかも、普通の社食ではありません。4つ星以上のホテルのレストランで出てくる水準です!)、スポーツジムの補助など、至れり尽くせりの福利厚生を受けることができます。

Google(グーグル)で働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価4.67、待遇の満足度4.8、風通しの良さ4.7、と日本トップクラスに高いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、

「優秀な人が多く自由で働きやすい環境」「グーグルで働いていたというだけでブランドになる。転職する際に非常に優秀だと思ってもらえる「恵まれ過ぎている環境、高すぎる年収、世間的な圧倒的なブランド力があり、ハングリー精神が失われてしまうと感じ転職を決意した

のような口コミが見られます。

Google(グーグル)が求める人材像・採用基準は?

かつてGoogle(グーグル)が求める人物像がニューヨークタイムズに掲載されました。その記事には5つの条件が提示されていました。

大学の成績評価(GPA)は採用基準として価値はなく、試験の点数は何の役にも立たない。こうした数字からは何も予測できないことがわかった。また、グーグルでは大学教育を受けていない人の割合は徐々に増えている。
1.全体的な認識能力であり、知能指数ではない。認識能力とは学習する能力であり、状況に応じて、処理する能力で、種類の異なる情報の断片を組み立てる能力である。
2.従来型のリーダーシップではなく、創発的なリーダーシップ。従来型のリーダーとは、以前、何の役職であったとか、どれくらいの速さでその地位にいたとかである。創発的リーダーとは、問題に直面した時に、適切なタイミングで進み出てチームをリードできるかだ。かつ、自分は後ろに下がり、指揮をとるのをやめ、ほかの誰かに任せられるかだ。実行力のあるリーダーに重要なのはいつでも権力を手放す覚悟である。
3.問題解決に向けて、「責任感と当事者意識を持って参加する気持ち」。そして他者のよりよい考えを受け入れる謙虚さ。「最終目標は問題解決に向けて、みんなで協力して何ができるか。自分なりの貢献をしたら、身をひくこと。
4.謙虚さに加えて、プライドの高い自分と低い自分を持ち合わせている。つまり熱い主張と信念を持っていて、自分の考えを信じてやまない。でも、別の人が「ここに新しい事実がある」と言うと、「それなら状況は変わるね、君が正しい」と言うのである。」
5.最後に専門性であるが、実はそれほど重要ではない。例えば上記4条件を満たした素人に財務等をまかせると、専門家はすぐにできるかもしれないが、大抵は素人も同じ答えを見つけてくる。確かに素人はたまにへまをするが、時折、まったく新しい答えを見つけることがある。そこに大きな価値がある。学校に行かず努力によって成功している人は傑出している。学位や学校の勉強は能力の代わりにはならない。世の中が重視するのはその知識を使って、何ができるかだけである。集団の力によってイノベーションが起こる機会が増えている時代には、リーダーシップや謙虚さ、協調性、適応力、学習や再学習への熱意といった多くのソフト面のスキルが重視される。これはどんな仕事をしても真実といえるだろう。

自分自身だけでなく、チームが創造的に考え、動き、結果を出せることに貢献できるリーダーをGoogle(グーグル)は求めています。

Google(グーグル)の中途採用事情は?

Google(グーグル)は中途採用を多く受け入れておりますが、非常に難易度が高いというのが実態です。転職者のプロフィールとしては、電通、博報堂、リクルート、楽天、サイバーエージェントといった大手広告会社、P&G、ロレアルといった外資系メーカーのマーケティング職、総合商社、欧米MBAのトップスクール出身者が目立ちします。また出身大学も東京大学、京都大学、慶應大学、早稲田大学出身者で大半が占められており、優秀層が非常に多い印象を受けます。

Google(グーグル)に強い転職エージェントは?

Google(グーグル)の中途採用は日本トップクラスに選考基準が高くなっているので、、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すればGoogle(グーグル)に合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

Google(グーグル)へ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。Google(グーグル)に転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、Google(グーグル)の人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にGoogle(グーグル)の人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!Google(グーグル)は2030代の転職にオススメ?

総括として、Google(グーグル)は20代30代の方に非常にオススメです。これからますます市場規模が拡大し、経験・スキルとしての価値も高まるデジタル広告の最先端の経験を積むことができるのは、非常に大きなオポチュニティと言えるでしょう。また、日本トップクラスの待遇・福利厚生のベネフィットを受けることができるのもたいへん魅力的だと思います。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です