【20代、30代転職企業図鑑】博報堂DYデジタルへの転職

博報堂DYデジタルの企業沿革・概要 /【20代、30代博報堂DYデジタルへの転職】

博報堂DYデジタルは博報堂の主要グループ会社であり、デジタルマーケティングの戦略プラニングから、エグゼキューションまで360度に対応する「デジタルシフト」リーディングカンパニーです。

博報堂DYデジタルの年収は高い?低い?博報堂DYデジタルの年収事情とは

博報堂DYデジタルの平均年収は650万円程度(Vorkers、転職会議などから本メディアが独自に推定)と業界の中では平均的です。年齢別では新卒〜30歳までが約500〜600万円、35歳位で600〜700万円程のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で500〜600万円程度、管理職で800万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorkers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。

博報堂DYデジタルで働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価2.85、待遇の満足度2.3、風通しの良さ3.4、と平均程度と言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、「大手企業をクライアントとしながらデジタルマーケティング・デジタル広告を学ぶことができる「自分の興味がある分野のスキルを伸ばすことができる」「博報堂グループのためグループ内診療所・歯医者、ライブラリーの利用ができたり、休暇制度が充実している」のような口コミが見られます。

博報堂DYデジタルではどんな人材が好まれる?

博報堂DYデジタルの人材採用ページに下記のようなメッセージが掲載されています。

私たちは、若い。だけど、世界を驚かせようと本気で考えている。それには、力がいる。深いところでつながれる明日の仲間に出会えるように。

博報堂DYデジタルは日本を代表する広告代理店博報堂のグループ会社とはいえ、設立されてからまだ若い企業のため、ある種ベンチャー企業的な風土・カルチャーがあると推察されます。新しいことや変化を楽しみながら、スピード感を持ってビジネスに取り組める人材が求められています。

博報堂DYデジタルの中途採用事情は?

博報堂DYデジタルは中途採用者を中心とした企業であり、事業を拡大していることから、中途採用者を積極的に採用しております。メーカーのマーケティング担当者、中堅広告代理店、インターネット広告代理店、ベンチャー企業からの転職者が多いのが特徴です。現在大企業に勤めていなくても転職できる可能性は十分になります。

博報堂DYデジタルに強い転職エージェントは?

博報堂DYデジタルは設立されたばかりの若い企業で情報が少ないため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すれば博報堂DYデジタルに合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

博報堂DYデジタルへ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。博報堂DYデジタルに転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、博報堂DYデジタルの人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にソニーの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!博報堂DYデジタルは20代30代の転職にオススメ?

総括として、博報堂DYデジタルは転職にオススメです。電通デジタル同様、現在大企業に勤めていなくても転職できる可能性が十分にあり、比較的高い年収も期待できます。また、これからの成長分野であるデジタル領域の専門性を高めることができるため、博報堂デジタルを辞めた後も、Google、Amazon、Facebook等の外資系広告企業や、大手メーカーのデジタルマーケティング担当などにステップアップできる可能性が高いです。博報堂DYデジタルを受ける際には、電通デジタルも合わせて受けることを推奨します。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

【20代、30代転職企業図鑑】博報堂への転職

博報堂の企業沿革・概要 /【20代、30代博報堂の転職】

博報堂は東京都港区赤坂に本社を構える、電通につぐ日本第二位の広告代理店です。電通と並び称されることが多く、電通と博報堂を合わせて「電博」と呼ばれています。「生活者発想」と「パートナー主義」を会社のフィロソフィーとしており、マーケティング、ブランディングなどに強みを持っています。

博報堂の年収は高い?低い?博報堂の年収事情とは

博報堂の平均年収は1080万円程度(有価証券参照)と日本トップクラスです。年齢別では新卒〜30歳までが約600〜900万円、35歳位で1000万円程度、40歳以上で1000万円〜1300万円のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で600〜900万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorkers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。

博報堂で働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価4.18、待遇の満足度4.0、風通しの良さ4.2、と非常に高いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、「若いうちから顧客のマーケティング部長・宣伝部長クラスと一緒に仕事を進めるためスキルが身につく」「自分の取り組んだ仕事が世間に話題になることがあるためやりがいがある」「労働裁量性のためコントロール意思がある人にはコントロールしやすい環境」のような口コミが見られます。

博報堂ではどんな人材が好まれる?

博報堂の人材採用ページは、「心を動かすことから全てが始まる」というメッセージが書かれています。「生活者発想」と「パートナー主義」を掲げている博報堂だからこそ、消費者起点で物事を考え、消費者の心を動かすことが“生活者観”、“共感力”、“表現力”を持った人材を求めています。

博報堂の中途採用事情は?

博報堂は従来、新卒採用を重視しており中途採用はあまり行っておりませんでしたが、近年は急激なデジタル化やクライアントの多様化したニーズに答えるために、多様な中途採用者を採用しています。他業種の営業職、メーカーのマーケティング・事業企画職、コンサルティングファーム等、様々な業種・職種から博報堂へ転職している人がいます。

博報堂に強い転職エージェントは?

博報堂は非常に転職人気の高い企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すれば博報堂に合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

博報堂へ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。博報堂に転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、博報堂の人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にソニーの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!博報堂は20代30代の転職にオススメ?

総括として、博報堂は転職にオススメです。若い内から国内を代表する大手企業のマーケティングに関わることができ、高い年収を貰いながらマーケティング・広告のスキルを向上させることができます。博報堂を辞めた後もGoogle、Amazon、Facebook等の外資系広告企業や、大手外資系メーカーのマーケティング職管理職などにステップアップできる可能性が高いです。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

【20代、30代転職企業図鑑】電通デジタルへの転職

電通デジタルの企業沿革・概要 /【20代、30代電通デジタルへの転職】

電通デジタルは電通の主要グループ会社であり、電通の成長戦略の加速に向け、2016年7月に設立されたデジタルマーケティング専門会社です。

電通デジタルの年収は高い?低い?電通デジタルの年収事情とは

電通デジタルの平均年収は800万円程度(Vorkers、転職会議などから本メディアが独自に推定)と業界の中では比較的高い方です。年齢別では新卒〜30歳までが約600〜800万円、35歳位で800〜1000万円程度、40歳以上で1000万円以上のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で600〜800万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorkers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。

電通デジタルで働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.57、待遇の満足度3.3、風通しの良さ3.7、と比較的評価いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、「優秀な人が多く、スキル、経験、モチベーションが高い人が多い」「誰でも知っているような超有名企業のクライアントが多く大きな仕事に取り組める」「労働裁量性のため自分でワークスタイルをコントロールできる」のような口コミが見られます。

電通デジタルではどんな人材が好まれる?

電通デジタルの人材採用ページに「求める人材像」が掲載されており、このようなことが書かれています。

2016年に設立したばかりの電通デジタル。ここから一気に拡大するフェーズです。自ら能動的にどんどんチャレンジし会社とともに成長できる環境があります。メディアを取り巻く環境はものすごい速さで変化します。3年後、5年後にはきっとまた新しい環境に変わっていることは間違いありません。そのスピードに遅れず、能動的にどんどん動いていける人であればとても楽しい環境です。もっと上流工程からクライアント企業の課題解決に携わりたい。戦略立案のみならず、実行支援まで伴走したい。今までの強みを活かしながら、対応できる領域を拡大していきたい。デジタルに閉じず、マス広告やプロモーション、クリエーティブ等のプランニングとも連携していきたい。新しいサービスや新しいソリューションを創ることで、マーケティングのデジタルトランスフォーメーションを実現したい。

電通デジタルは日本一の広告代理店電通のグループ会社とはいえ、設立されてからまだ若い企業のため、ある種ベンチャー企業的な風土・カルチャーがあると推察されます。新しいことや変化を楽しみながら、スピード感を持ってビジネスに取り組める人材が求められています。

電通デジタルの中途採用事情は?

電通デジタルは中途採用者を中心とした企業であり、事業を拡大していることから、中途採用者を積極的に採用しております。メーカーのマーケティング担当者、中堅広告代理店、インターネット広告代理店、ベンチャー企業からの転職者が多いのが特徴です。現在大企業に勤めていなくても転職できる可能性は十分になります。

電通デジタルに強い転職エージェントは?

電通デジタルは設立されたばかりの若い企業で情報が少ないため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すれば電通デジタルに合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

電通デジタルへ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。電通デジタルに転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、電通デジタルの人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にソニーの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!電通デジタルは20代30代の転職にオススメ?

総括として、電通デジタルは転職にオススメです。現在大企業に勤めていなくても転職できる可能性が十分にあり、比較的高い年収も期待できます。また、これからの成長分野であるデジタル領域の専門性を高めることができるため、電通デジタルを辞めた後も、Google、Amazon、Facebook等の外資系広告企業や、大手メーカーのデジタルマーケティング担当などにステップアップできる可能性が高いです。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

【20代、30代転職企業図鑑】電通への転職

電通の企業沿革・概要 /【20代、30代電通への転職】

株式会社電通は「広告界のガリバー」の異名を持つ日本最大の広告代理店であり、国内2位の博報堂DYホールディングスに対して売上高約4倍の差をつける巨大広告代理店です。近年では当時世界8位だった英国の広告会社「イージス・グループ」を初めとする海外の広告会社を積極的に傘下に加えることにより規模を拡大し、ジェイ・ウォルター・トンプソン、オグルヴィ・アンド・メイザーなどを傘下に置くWPPグループ、オムニコム、ピュブリシス、インターパブリックに次ぐ世界5位の広告代理店企業グループとなっています。また、最近ではデジタル領域に力を入れており、現在では売上の30%以上がデジタル領域からの収益となっております。


電通の年収は高い?低い?電通の年収事情とは

電通の平均年収は約1270万円(有価証券報告書参照)と日本トップクラスです。年齢別では新卒〜30歳までが約800~1000万円、35歳位で1000~1200万円程度、40歳以上で1200万円〜1500万のレンジ推定されます。また、ポジション別では、契約社員で500万〜600万円、平社員で800~1000万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。

電通で働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.92、待遇の満足度4.0、風通しの良さ3.6、と非常に高いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、「かなり成長できる環境。希望の部署への配属可能性が高い」「グローバルに通用するスキルが身につく」「営業手当、家族手当などの各種手当が手厚い」のような口コミが見られます。

電通ではどんな人材が好まれる?

電通にはコーポレートカルチャーと言っても過言ではない、4代目社長吉田秀雄によって1951年につくられた「電通鬼10則」と言われる社則がかつて存在しまた。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。 3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

「電通マン」として事業を自分で創り出し、最後まで必ずやり遂げることができるタフなビジネスマンが求められます。直近では、グローバル化やデジタル領域へのシフトを急激に進めているため、グローバル水準でビジネスができる人、デジタル領域の経験・スキルを持っている人材が求められています。

電通の中途採用事情は?

電通はかつてはあまり中途採用を募集していませんでしたが、直近ではグローバル化やデジタル領域への急激なシフトを背景に、特定のスキルを持った中途採用を積極的に進めています。また、中途採用の場合だと馴染みにく・出世しづらいといったこともなく、転職者も働きやすい環境と言えます。

電通に強い転職エージェントは?

電通は非常に転職人気が高い企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すれば電通に合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

電通へ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。パナソニックに転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、電通の人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にソニーの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!電通は20代30代の転職にオススメ?

総括として、電通は転職にオススメです。若手の内から裁量の大きな仕事、海外駐在などの経験も積みやすく、転職市場価値が高いため、特に20代、30代の若手ビジネスマンには非常におすすめできます。電通は社内で出世することで高給を期待できるだけでなく、Google、Amazon、Facebookなどの外資系広告企業などの転職においても非常に高い評価を受けることができるため、転職市場でも高給を期待できます。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

【20代、30代転職企業図鑑】パナソニックへの転職

パナソニックの企業沿革・概要 /【20代、30代パナソニックへの転職】

パナソニック株式会社(英: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカーです。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がています。パナソニックは、日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つで、国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位の売上規模を誇ります。

 

パナソニックの年収は高い?低い?パナソニックの年収事情とは

パナソニックの平均年収は約755万円(有価証券報告書参照)と業界の中では比較的高い方です。年齢別では新卒〜30歳までが約600万円、35歳位で800万円程度、40歳以上で1000万円以上のレンジ推定されます。また、ポジション別では、平社員で500万円〜600万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。

パナソニックで働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.53、待遇の満足度3.7、風通しの良さ3.3、と比較的評価いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、「年功序列でないため、若手でも成果を出せば良い待遇がもらえる」「メディア等で取り上げられる機会が多く日本の”ものづくり” に貢献していると実感しやすくやりがいがある」「時短、在宅などの様々なワークスタイルに対応しているため女性にとっても働きやすい」のような口コミが見られます。

パナソニックではどんな人材が好まれる?

パナソニックの人材採用ページに「求める人材像」が掲載されており、このようなことが書かれています。

「ものをつくる前に、人をつくる」 これは、創業者・松下幸之助の言葉です。 「事業は人にあり。どんな経営も適切な人を得て、 はじめて発展していくものである。」 これまでも、これからも、世界を動かしていくのは 「人」に他なりません。 私たちには、成し遂げなければならないことがあります。 私たちには、果たさなければならない責任があります。 社会の公器として、くらしのあらゆる製品をつくり、 世界へ展開してきたパナソニックにしかできないことがある。 世界中の人々の願いをカタチにしていくことが、 私たちに課せられた使命です。 これからも、この使命に挑み続けるために。 私たちが求める「人」は、 「大きな夢と高い志を持ち、チャレンジし続ける人」 「世界で戦える、尖った強みを持った人」 「新たな価値を創造し、変革を起こせる人」 創業100年を迎えたパナソニックの過去や前例にとらわれることなく、 世界を舞台に活躍し続け、 未知の世界を切り拓いていく覚悟を持った人材を求めています。

パナソニックは、過去や前例にとらわれることなく、変革をリードできる人材を求めていると考えられます。

パナソニックの中途採用事情は?

パナソニックは近年、中途採用を広く募集しており、同業種のメーカーを中心に様々な企業からの中途採用者が働いています。中途採用の場合だと馴染みにく・出世しづらいといったこともなく、転職者も働きやすい環境と言えます。また、女性にとっても働きやすい環境が整っているため、結婚・出産後の転職先としても良い環境が整っていると言えます。

パナソニックに強い転職エージェントは?

パナソニックは非常に転職人気が高い企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すればパナソニックに合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

パナソニックへ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。パナソニックに転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、パナソニックの人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にソニーの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!パナソニックは20代30代の転職にオススメ?

総括として、パナソニックは転職にオススメです。若手の内から裁量の大きな仕事、海外駐在などの経験も積みやすく、パナソニックを辞めた後もメーカーの業種の中では、転職市場価値が高いため、特に20代、30代の若手ビジネスマンには非常におすすめできます。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

【20代、30代転職企業図鑑】ソニーへの転職

ソニーの企業沿革・概要 /【20代、30代ソニーへの転職】

1946年(昭和21年)に井深大と盛田昭夫により東京通信工業株式会社として設立されました。東京都港区に本社を置く多国籍コングロマリットであり、ソニーグループを統括する事業持株会社です。事業領域としては、世界首位のCMOSイメージセンサーゲームなどのハードウェア分野をはじめ、映画・音楽分野にも重点を置いています。一時は韓国・台湾企業の台頭などの市場環境などの影響や不採算部門の赤字拡大により非常に厳しい状況に置かれておりましたが、イメージセンサー事業、ゲーム事業の伸長などにより、2018年3月期の売上は約8兆5千億円、営業利益約7千3千億円と大復活を遂げました。

 

ソニーの年収は高い?低い?ソニーの年収事情とは

ソニーの平均年収は約1013万円(有価証券報告書参照)と業界の中では非常に高いです。年齢別では新卒〜30歳までが約650万円、35歳位で800万円〜900万円、40歳以上で1000万円以上のレンジ推定されます。また、ポジション別では、平社員で500万円〜850万円程度、管理職で900~1500万円程度と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。業績悪化等の影響を受けて35歳位までの年収は抑えられていますが、35歳以降で管理職になった場合の年収は外資系トップ企業と並ぶ水準と想定されます。近年ジョブグレード制度が導入され、成果主義的な評価方法が取入れられたため、年功序列ではなく若い人でも成果を挙げれば高いポジション・高年収を狙うことができます。

ソニーで働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.89、待遇の満足度3.9、風通しの良さ4.1、とトップクラスの評価の高さと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、「手を挙げればやりたいことを任せてもらえる」、「自分が担当した製品・サービスがメディアで取り上げられたり、店頭に並んでいたりするためやりがいを持てる」、「有給を100%消化するのが当たり前となっており長期間海外旅行に行くことができる」のような口コミが見られます。

ソニーではどんな人材が好まれる?

ソニーの人材採用ページにCEOのメッセージが掲載されており、このようなことが書かれています。

“多様な知見を持った社員一人ひとりが互いに刺激し合い、仕事を通じてダイナミックな成長を実感できるのもソニーならではです。自分にどのような貢献ができるかということを徹底的に考え、広い視野を持ち、積極的に行動していくならば、活躍のフィールドはソニーグループ全体に広がっています。ソニーはこれからも、ソニーにしかつくれない新しい価値、新しい体験で『感動』をお届けするための挑戦を続けます。「創造と挑戦」の理念を胸に、私たちと一緒にソニーの未来を切り拓く、意欲に満ち溢れた皆さんの参画をお待ちしています”

ソニーは歴史的に革新的なイノベーションで発展してきた会社ですので、規制概念に捉われずに新しいこと考え、提案・実行できる人材が好まれると考えられます。

ソニーの中途採用事情は?

ソニーは中途採用を広く募集しており、同業種のメーカーだけでなく、コンサルティングファーム、投資銀行、監査法人、ベンチャー企業など様々な企業からの中途採用者が働いています。中途採用の場合だと馴染みにく・出世しづらいといったこともなく、転職者も働きやすい環境と言えます。

ソニーに強い転職エージェントは?

ソニーは様非常に転職人気が高い企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すればソニーに合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

ソニーへ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。ソニーに転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、ソニーの人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にソニーの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!ソニーは20代30代の転職にオススメ?

総括として、ソニーは転職にオススメです。新規事業、海外駐在などの経験も積みやすく、ソニーを辞めた後も転職市場価値が高いため、特に20代、30代の若手ビジネスマンには非常におすすめできます。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。