【20代30代Google(グーグル)転職者必読】3分で読める中途採用で転職できる方法

 

Google(グーグルの企業沿革・概要 /20代、30代Google(グーグル)への転職(中途採用)】

Google(グーグル)は当事スタンフォード大学の博士課程に在籍していたラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって創業された世界最大の検索エンジン会社で、2004年8月19日に最初の株式公開されました。「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を経営理念(ミッション・ステートメント)として掲げています。日本の検索エンジン市場においては長らくYahooが高いシェアを維持していましたが、2018年時点では既にスマホではGoogle(グーグル)のシェアが69.57%、Yhaoo(ヤフー)が29.4%。パソコンでもGoogle(グーグル)が67.54%、Yhaoo(ヤフー)は23.2%というシェアの状況担っており、Google(グーグル)が圧倒的なポジションを築いています。また、2006年に買収したYoutubeも活用し、幅広い広告メディア商品を展開しており、デジタルメディア広告市場においても圧倒的なポジションを築いています。

 Google(グーグル)の年収は高い?低い?Google(グーグル)の年収事情とは?

Google(グーグル)の平均年収は約1300万円程度と推察されます。(Vorkers、転職会議等のデータを元に本メディアが独自に推察)。年収水準としては、日本トップクラスです。年齢別では新卒〜30歳までが約700〜1000万円、35歳位で1000〜1700万円程度、40歳以上で1200〜3000万円以上のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で700〜1000万円程度、管理職で1200万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。給与の他に株式の付与がある他、3食無料で食べられる食事(しかも、普通の社食ではありません。4つ星以上のホテルのレストランで出てくる水準です!)、スポーツジムの補助など、至れり尽くせりの福利厚生を受けることができます。

Google(グーグル)で働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価4.67、待遇の満足度4.8、風通しの良さ4.7、と日本トップクラスに高いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、

「優秀な人が多く自由で働きやすい環境」「グーグルで働いていたというだけでブランドになる。転職する際に非常に優秀だと思ってもらえる「恵まれ過ぎている環境、高すぎる年収、世間的な圧倒的なブランド力があり、ハングリー精神が失われてしまうと感じ転職を決意した

のような口コミが見られます。

Google(グーグル)が求める人材像・採用基準は?

かつてGoogle(グーグル)が求める人物像がニューヨークタイムズに掲載されました。その記事には5つの条件が提示されていました。

大学の成績評価(GPA)は採用基準として価値はなく、試験の点数は何の役にも立たない。こうした数字からは何も予測できないことがわかった。また、グーグルでは大学教育を受けていない人の割合は徐々に増えている。
1.全体的な認識能力であり、知能指数ではない。認識能力とは学習する能力であり、状況に応じて、処理する能力で、種類の異なる情報の断片を組み立てる能力である。
2.従来型のリーダーシップではなく、創発的なリーダーシップ。従来型のリーダーとは、以前、何の役職であったとか、どれくらいの速さでその地位にいたとかである。創発的リーダーとは、問題に直面した時に、適切なタイミングで進み出てチームをリードできるかだ。かつ、自分は後ろに下がり、指揮をとるのをやめ、ほかの誰かに任せられるかだ。実行力のあるリーダーに重要なのはいつでも権力を手放す覚悟である。
3.問題解決に向けて、「責任感と当事者意識を持って参加する気持ち」。そして他者のよりよい考えを受け入れる謙虚さ。「最終目標は問題解決に向けて、みんなで協力して何ができるか。自分なりの貢献をしたら、身をひくこと。
4.謙虚さに加えて、プライドの高い自分と低い自分を持ち合わせている。つまり熱い主張と信念を持っていて、自分の考えを信じてやまない。でも、別の人が「ここに新しい事実がある」と言うと、「それなら状況は変わるね、君が正しい」と言うのである。」
5.最後に専門性であるが、実はそれほど重要ではない。例えば上記4条件を満たした素人に財務等をまかせると、専門家はすぐにできるかもしれないが、大抵は素人も同じ答えを見つけてくる。確かに素人はたまにへまをするが、時折、まったく新しい答えを見つけることがある。そこに大きな価値がある。学校に行かず努力によって成功している人は傑出している。学位や学校の勉強は能力の代わりにはならない。世の中が重視するのはその知識を使って、何ができるかだけである。集団の力によってイノベーションが起こる機会が増えている時代には、リーダーシップや謙虚さ、協調性、適応力、学習や再学習への熱意といった多くのソフト面のスキルが重視される。これはどんな仕事をしても真実といえるだろう。

自分自身だけでなく、チームが創造的に考え、動き、結果を出せることに貢献できるリーダーをGoogle(グーグル)は求めています。

Google(グーグル)の中途採用事情は?

Google(グーグル)は中途採用を多く受け入れておりますが、非常に難易度が高いというのが実態です。転職者のプロフィールとしては、電通、博報堂、リクルート、楽天、サイバーエージェントといった大手広告会社、P&G、ロレアルといった外資系メーカーのマーケティング職、総合商社、欧米MBAのトップスクール出身者が目立ちします。また出身大学も東京大学、京都大学、慶應大学、早稲田大学出身者で大半が占められており、優秀層が非常に多い印象を受けます。

Google(グーグル)に強い転職エージェントは?

Google(グーグル)の中途採用は日本トップクラスに選考基準が高くなっているので、、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すればGoogle(グーグル)に合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

Google(グーグル)へ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。Google(グーグル)に転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、Google(グーグル)の人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にGoogle(グーグル)の人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!Google(グーグル)は2030代の転職にオススメ?

総括として、Google(グーグル)は20代30代の方に非常にオススメです。これからますます市場規模が拡大し、経験・スキルとしての価値も高まるデジタル広告の最先端の経験を積むことができるのは、非常に大きなオポチュニティと言えるでしょう。また、日本トップクラスの待遇・福利厚生のベネフィットを受けることができるのもたいへん魅力的だと思います。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

【20代30代日本たばこ産業(JT)転職者必読】中途採用で転職できる方法公開

日本たばこ産業(JT)の企業沿革・概要 /20代、30代日本たばこ産業(JT)への転職(中途採用)】

日本たばこ産業(英語: JAPAN TOBACCO INC.、略称: JT)は、日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つで、日本のたばこ、並びに医薬品、食品・飲料の製造・販売を行う企業です。日本たばこ産業株式会社法(JT法)に基づき財務省所管の特殊会社として、1985年(昭和60年)4月1日に設立され、日本専売公社のタバコ事業を引継ぎました。世界戦略にも非常に積極的で、1999年(平成11年)にR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニーの子会社であるRJRインターナショナルを買収しJTインターナショナルを設立しました。JTインターナショナルを含めた販売シェアは世界第3位となっており、2007年に英ギャラハーを買収して世界2位のブリティッシュ・アメリカン・タバコに追随しています。

 日本たばこ産業(JT)の年収は高い?低い?日本たばこ産業(JT)の年収事情とは?

日本たばこ産業(JT)の平均年収は約870万円です。(有価証券参照)年収水準としては、業界平均並です。年齢別では新卒〜30歳までが約500〜750万円、35歳位で750〜850万円程度、40歳以上で900万円以上のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で500~850万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。配属地域や配偶者あり・なしなどの条件によって変わるものの年間100万円近くの住宅補助を受けることができるため福利厚生は手厚いと考えられます。

日本たばこ産業(JT)で働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.59、待遇の満足度4.5、風通しの良さ3.7、と比較的高いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、

「営業部門は風通しがよく年次に関係なく意見をいける風土がある」「ワークライフバランスを求める人には最高の職場だと思う。フレックスを活用して10時に出勤したり、自由度高く休暇をとることができる「余裕がある会社。ここまで組織の雰囲気が良い会社は他にない

のような口コミが見られます。

日本たばこ産業(JT)ではどんな人材が好まれる?

日本たばこ産業(JT)の人材採用ページに採用コンサプトが掲載されており、このように書かれております。

挑め、人のために。自分らしく、JTらしく。JT、それは人の心を豊かにするもの。人生にかけがえのないひとときを、JTはつくっている。JT、それは、ひとに誠実であるということ。お客様のための一番を、JTはいつも考えている。ひとに価値をもたらす仕事は、自分らしさを活かせる仕事。ここには、驚くほど多彩な個性とそれがひとつになって生まれる新しさがある。責任さえ持てば大胆に。大切なのは、失敗を恐れず、現状に止まらず、次へ進むという意思、次をつくる好奇心。変化は、JT、そして、自分の成長になる。今より、もっと、に、挑戦したいひとたちへ。JTを楽しもう。ともに未来を切り拓こう。

たばこという長くから続くビジネスに止まらず、新しいことにチャレンジしていきたいというJTの意気込みを感じるメッセージです。とは言え、中途採用で入られる方は、まずは古くから続く国内のたばこ事業に携わる可能性が高いため、地に足をつけた考えと、着実に結果を出すことが求められていると考えられます。

日本たばこ産業(JT)の中途採用事情は?

日本たばこ産業(JT)は長年新卒採用を重視している一方で、直近ではグローバル戦略の加速・ビジネス領域の多様化・組織風土の活性化を目的として中途採用も積極的に行っています。中途採用者は新卒採用者に比べて比較的高い基準で選考されており、入社後も非常に高く期待されると考えられます。

日本たばこ産業(JT)強い転職エージェントは?

日本たばこ産業(JT)の中途採用は新卒採用と比較しても非常に選考基準が高くなっているので、、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すれば日本たばこ産業(JT)に合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

日本たばこ産業(JT)へ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。日本たばこ産業(JT)に転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、日本たばこ産業(JT)の人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時に日本たばこ産業(JT)の人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!日本たばこ産業(JT)は2030代の転職にオススメ?

総括として、日本たばこ産業(JT)は高いレベルのワークライフバランスを実現しながら、ストレスを感じることなく余裕を持ったビジネスマン生活を送りたい方にオススメです。たばこビジネスが国内で縮小傾向にあるとは言えすぐに市場が無くなる訳ではなく、またグローバルでみると規模の拡大・コストカットの余地があり、企業価値向上の伸び白があります。ストイックにスキルを高めるという点ではなく、安定した環境で手厚い福利厚生と高いワークライフバランスを重視する方には理想の環境ではないでしょうか。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

【20代、30代転職企業図鑑】 Johnson & Johnsonへの転職

Johnson&Johnsonの企業沿革・概要 /20代、30代Johnson&Johnsonへの転職】

ジョンソン・エンド・ジョンソン(英: Johnson & Johnson)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューブランズウィックに本社を置く、製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱う多国籍企業です。Johnson&Johnsonの日本法人はカンパニー制を取っており、大きく分けてコンシューマーカンパニー、メディカルカンパニー、ビジョンケアカンパニーの3つのカンパニーに分かれています。主要なブランドは、キズケア製品の「バンドエイド」、オーラルケアの「リステリン」、ボディケアの「ジョンソン ボディケア」などがあります。コンタクトの「アーキュービュー」も一度は聞いたことがあるブランドではないでしょうか?

 Johnson&Johnsonの年収は高い?低い?Johnson&Johnsonの年収事情とは?

Johnson&Johnsonの平均年収は約800万円です。(Vorkers、転職会議等の情報から本メディアが独自に推定。)年収水準として、業界平均並です。年齢別では新卒〜30歳までが約500〜1000万円、35歳位で650〜1200万円程度、40歳以上で1000万円以上のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で500~1000万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。営業職の場合、Johnson&Johnsonはインセンティブの比率が高いため、目標達成状況によっては管理職でなくても1000万円を超えることがありますが、一方で目標を達成できないと500万円をきってしまう可能性があります。外資メーカーの中では、ハイリスク・ハイリターンに分類される給与制度で、成果を出すことができれば20代でも年収1000万円を実現できる企業です。

Johnson&Johnsonで働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.79、待遇の満足度3.7、風通しの良さ3.6、と比較的高いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、

「クレド文化であり一人一人にクレドが腹落ちして浸透している。従業員の社会貢献意識が非常に高い」「徹底した成果主義のため、結果を出しさえすれば時間を気にする必要がない「アメリカ本社が女性の活躍に力を入れていることの影響を受け、女性であれば、キャリア・福利厚生の観点で恩恵を受けることができる

のような口コミが見られます。

Johnson&Johnsonではどんな人材が好まれる?

Johnson&Johnsonは外資系企業の日本支社では珍しく徹底した成果主義の評価制度を取っており、“Pay for Performance”が体現されています。裏を返すと、ゴールから逆算して思考できる戦略的思考と、非常に高いレベルのやりきる力を兼ね備えている必要があります。

Johnson&Johnsonの中途採用事情は?

Johnson&Johnsonは長年新卒採用を重視している一方で、中途採用も継続的に採用しています。営業職であれば、業種や企業規模を問わない非常に幅広い業種から中途採用者を受け入れております。マーケティング、人事、技術職などのプロフェッショナル職については、ある程度の即戦力としての経験・スキルを求められるため、職種の経験者が有利になります。

Johnson&Johnsonに強い転職エージェントは?

Johnson&Johnsonは非常に転職人気が高い企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すればJohnson&Johnsonに合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

Johnson&Johnsonへ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。Johnson&Johnsonに転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、Johnson&Johnsonの人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にJohnson&Johnsonの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!Johnson&Johnsonは2030代の転職にオススメ?

総括として、Johnson&Johnsonは年収をUPさせたい人や営業力に自身がある方には、オススメです。徹底した成果主義の評価制度を取り入れているため、高い結果を出すことができれば、転職一年目に年収1000万円を達成することも夢ではありません。また、Johnson&Johnsonで高い成果を上げることができれば他の外資メーカー(消費財、医療機器など)で年収をUPさせて転職できる道も開けます。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

【20代、30代転職企業図鑑】サントリーホールディングスへの転職

サントリーホールディングスの企業沿革・概要 /20代、30代サントリーホールディングスへの転職】

サントリーホールディングス(Suntory) は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業です。主力事業はアルコール飲料ですが、1980年代以降清涼飲料のカテゴリーにおいてもシェアを伸ばしています。サントリーのブランドは、アルコールカテゴリーでは、「白州」「山崎」「プレミアムモルツ(通称プレモル)」「金麦」「トリスハイボール」、清涼飲料カテゴリーでは、「サントリー烏龍茶」「伊右衛門」などのブランドが有名です。サントリーは山梨県甲斐市に「登美の丘ワイナリー」、長野県塩尻市に「塩尻ワイナリー」と2つのワイナリーを所有しており、日本初の葡萄品種の「甲州」の国際的な地位向上にも大きく貢献しています。ビズリーチ社の発表している「平均年収 約1,000万円のビジネスパーソンが勧める、 就職人気企業ランキング」ではTOP20位にランクインしており、転職者にも非常に人気が高い企業と言えます。

 サントリーホールディングスの年収は高い?低い?サントリーホールディングスの年収事情とは?

サントリーホールディングスの平均年収は約930万円です。(有価証券報告書を参照。)年収水準として、業界平均並です。年齢別では新卒〜30歳までが約500〜700万円、35歳位で800〜900万円程度、40歳以上で1000万円以上のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で500~900万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。最短で30代後半で年収1000万円を目指せる企業と言えそうです。

サントリーホールディグスで働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価4.5、待遇の満足度4.7、風通しの良さ4.2、と国内トップクラスと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、

「同僚のモチベーションが非常に高い。待遇、人間関係を含めて不満がある人は少ない」「マネージャー職の人間は人間的に素晴らしい人が多い「英会話補助、海外トレーニー制度などキャリア開発のサポートが手厚い

のような口コミが見られます。

サントリーホールディングスではどんな人材が好まれる?

サントリーホールディングスの採用ページには、採用メッセージが掲載されており、このようなことが書かれております。

“やってみなはれ”は、サントリーそのものである新しいモノは、いつも、志高い挑戦から生まれる。何かを生み出すこと、道を拓くことは簡単なことではない。それでも前を向く。失敗を恐れず。強い信念をもってやりきる。世界中のお客様におどろき、感動、楽しさを届けるために。そのひたむきな姿が人を動かし、チームを動かす。日本で。世界で。いままでも。これからも。挑戦を楽しもう。挑戦を人生に。夢大きく。やってみなはれ。

サントリーの社訓である「やってみなはれ」の精神が採用メッセージにも強く現れています。サントリーの場合は、「やってみなはれ」の精神が単なる採用のプロパガンダになっておらず、サントリーで働く人材、サントリーの制度、コーポレートカルチャーに深く浸透しており、例え若手でも積極的に新しいことに手を挙げてチャレンジすることが求められます。

サントリーホールディングスの中途採用事情は?

サントリーホールディングスは長年新卒採用をメインの採用としてきましたが、近年はグローバル化の加速・ビジネスモデルの変化・ダイバーシティー&インクルージョンの流れを受けて中途採用を増加させています。同業種だけでなく、他業種のメーカー、コンサルティングファーム、広告代理店などの幅広い業種・企業から転職者を受け入れております。

サントリーホールディングスに強い転職エージェントは?

サントリーホールディングスは非常に転職人気が高く、採用プロセスも非常に特殊な企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すればサントリーホールディングスに合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

本サントリーホールディングスへ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。サントリーホールディングスに転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、サントリーホールディングスの人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にサントリーホールディングスの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!サントリーホールディングスは2030代の転職にオススメ?

総括として、サントリーホールディングスは転職に非常にオススメです。若手の内から裁量の大きなビジネスや海外案件に携わることができるため、経験・スキルの向上、結果としての市場価値の向上を期待できます。また、若手でも新しいことに積極的にチャレンジできる風土があるため、非常にモチベーション高く仕事に取り組めるのも魅力的です。年収も比較的高く、福利厚生も手厚いため、長く働ける会社と考えられます。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

【20代、30代転職企業図鑑】本田技研工業(Honda)への転職

本田技研工業(Honda)の企業沿革・概要 /20代、30代本田技研工業(Honda)への転職】

本田技研工業株式会社(英称: Honda Motor Co., Ltd.)は東京都港区に本社を置く日本を代表する日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、TOPIX Core30の構成銘柄の1つです。、四輪車では、販売台数世界第7位、二輪車では、売台数・売上規模ともに世界首位、船外機は販売台数は世界第4位を誇っています。自動車では、コパクトカーの「フィット」や上級ミニバンの「オデッセイ」などみなさんも聞いたことがある車種が多いのではないでしょうか?

 本田技研工業(Honda)の年収は高い?低い?本田技研工業(Honda)の年収事情とは?

本田技研(Honda)の平均年収は約700万円です。(有価証券報告書を参照。)年収水準として、業界平均並です。年齢別では新卒〜30歳までが約500~650万円、35歳位で800万円程度、40歳以上で900万円〜1200程度のレンジと推定されます。また、ポジション別では、平社員で500~800万円程度、管理職で900万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。40歳で管理職になれば年収1000万円を目指せる企業と言えそうです。

本田技研工業(Honda)で働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.16、待遇の満足度3.7、風通しの良さ3.2、と平均並と言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、

「中途入社でも新卒入社と同じ扱い、しっかり評価してもらえる」「とにかく有給を取りやすい。会社挙げて、働きやすさを追求している「海外トレーニー制度があったり若手のうちから海外事業に取り組む機会が多い

のような口コミが見られます。

本田技研工業(Honda)ではどんな人材が好まれる?

本田技研工業(Honda)の採用ページには、採用メッセージが掲載されており、このようなことが書かれております。

「こうなればいいのに」と願うだけでは、決して世界は変わらない。成り行きに身を任せてはいないか。現実に立ち向かっているか。自分が信じた道を貫き通しているか。みちのりは険しく、正直、きつい。けれど、自ら抱いた夢を実現するのは、他の誰かじゃなくて、自分でありたい。私たちは知っている。その熱意こそが、世界を変える原動力となるということを。どうなるかじゃない。どうするかだ。

自分達で変えなければ、何も世界は変わらない。だからこそ、自分たちで世界を変えていこうという強いメッセージがこもっています。自分で思考し、実行に移せる当事者意識が高い人材が求められています。

本田技研工業(Honda)の中途採用事情は?

本田技研工業(Honda)は長年新卒採用をメインの採用としてきましたが、近年はグローバル化の加速・ビジネスモデルの変化を受けて社内で不足している人材を中途採用を通じて確保する動きが強まっています。同業種だけでなく、他業種のメーカー、IT企業、コンサルティングファームなどの幅広い業種・企業から転職者を受け入れております。

本田技研工業(Honda)に強い転職エージェントは?

本田技研工業(Honda)は非常に転職人気が高く、採用プロセスも非常に特殊な企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すれば本田技研工業(Honda)に合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

本田技研工業(Honda)へ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。本田技研工業(Honda)に転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、本田技研工業(Honda)の人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時に本田技研工業(Honda)の人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!本田技研工業(Honda)は2030代の転職にオススメ?

総括として、本田技研工業(Honda)は転職に非常にオススメです。若手の内から裁量の大きなビジネスや海外案件に携わることができるため、経験・スキルの向上、結果としての市場価値の向上を期待できます。とは言え、「本田技研工業(Honda)」というブランドに強いこだわりがないのであれば、トヨタ自動車、日産自動車も合わせて見てみることを推奨します。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。

【20代、30代転職企業図鑑】日立製作所への転職

日立製作所の企業沿革・概要 /【20代、30代日立製作所への転職】

株式会社日立製作所 (ひたちせいさくしょ、英: Hitachi, Ltd.)は、日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つであり、国内最大の電気機器メーカーです。情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他の8の部門から構成されているおり、従業員規模は、日系企業の中では、トヨタ自動車に継ぐ規模となっています。株式会社日立製作所のOBは、大前研一氏(元マッキンゼーマッキンゼー・アンド・カンパニー・インク日本支社長、BBT大学院大学院創設者)が有名です。


日立製作所の年収は高い?低い?日立製作所の年収事情とは

日立製作所の平均年収は約872万円(有価証券報告書参照)と業界トップクラスです。年齢別では新卒〜30歳までが約500~800万円、35歳位で800〜1000万円程度、40歳以上で1000万円以上のレンジ推定されます。また、ポジション別では、平社員で500~800万円程度、管理職で1000万円以上と推定されます(有価証券報告書、Vorers、転職会議などから本メディアが独自に推定)。

日立製作所で働く人の口コミは?

国内最大級の転職口コミサイトのVorkersの数値を見ると総合評価3.47、待遇の満足度3.7、風通しの良さ3.1、と比較的高いと言えます。実際に働く人・働いていた人の口コミとしては、

「中途採用者は3年間住宅補助がある。海外駐在帰り組みは1年間住宅補助がある」「全社を上げた働き方改革が行われており残業時間が大幅に削減されている「経験・スキルがあれば大型の海外案件に取り組むこことも可能」

のような口コミが見られます。

日立製作所ではどんな人材が好まれる?

日立製作所の人材採用ページに社長東原氏のメッセージが掲載されており、このようなことが書かれています。

「日立は、1910年に当時36歳だった小平浪平創業社長と、彼の志に共感した数名の若いエンジニアたちによる、いわゆるベンチャー企業として始まりました。その創業以来、108年間受け継がれているのが「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念です。社会の課題を解決し、社会の発展に貢献していくという姿勢こそが、脈々と受け継がれてきた私たちのミッションなのです。日立には、グローバルで社会課題の解決に取り組むことができる幅広いフィールドがあります。めまぐるしく変化する世界において、新たな価値を創出し、社会に貢献する日立であり続けるために、そして、この先も世界中のお客さまから信頼される「IoT時代のイノベーションパートナー」であるために、ぜひ皆さまと一緒に挑戦していきたいと思っています。皆さまのエントリーをお待ちしています。

日立製作所の歴史を辿ると、技術×社会課題解決×グローバルが成長のポイントになっています。だからこそ、日立の強みである技術力を起点に、高い課題解決能力と実行能力を持ち、ゆくゆくはグローバルでも活躍する意思がある人材が求められています。

日立製作所の中途採用事情は?

日立製作所は新卒採用も多く行なっている一方で、最近は中途採用も多く採用しています。同業の電気メーカーからだけでなく、他の領域のメーカー、インフラ、コンサルティングファームなど幅広い業界・企業からの転職者を受け入れています。。中途採用の場合だと馴染みにく・出世しづらいといったこともなく、転職者にとっても働きやすい環境と言えます。ビズリーチが発表した「平均年収約1000万円のビジネスパーソンが薦める就職企業人気ランキング」においてもTOP5位に入るなど、中途転職者からも非常に高い人気を誇る会社です。

日立製作所に強い転職エージェントは?

日立製作所は非常に転職人気が高い企業のため、自分1人で転職するのはオススメできません。転職エージェントを利用すれば日立製作所に合わせた職務経歴書や履歴書の添削、エントリー、推薦、面談調整、年収交渉まで全てプロが無料でやってくれるため、絶対に利用するようにしましょう。リクルート出身の当メディア編集長がオススメするのは、もちろんリクルートエージェント…と言いたいところですが最近はサービスレベルが低下している印象が強く、自信を持ったおすすめができせん。本メディアでは、ランスタッド、パソナキャリアの2社を強く推奨しております。
ランスタッドはオランダに本社を置く世界的な転職エージェントで、1流企業・メガンチャー・外資系企業への転職実績で非常に有名な転職エージェントです。ランスタッド経由の応募者は企業側からも非常に信頼があるため、1流企業に転職する場合には、非常におすすめです。パソナキャリアは1流企業の求人数が多いだけなく、キャリアアドバイザーの質・レベルが非常高いです。また、内定に対して非常に高いコミットメントを持って取り組んでくれるため、非常に信頼がおけます。

企業の人事担当から直接、アポイントや最終面接へのオファーが届くビズリーチは登録必須です。当メディアの編集長である私もビズリーチに登録してすぐに、日本を代表するテレビキー局や外資系コンサルティングファームの人事担当からM&A担当やIT通信関連のコンサルティング部門のシニアマネージャーポジションの最終面談のオファーを頂いたことがあります。

日立製作所へ転職する際に年収100万円UPするためには?

欧米では転職する際に年収をUPさせるのが常識ですが(年収をUPさせるために転職するので、年収を下げて転職するなど理解できないでしょう。)、日本では転職する際には年収維持、或いは年収が若干下がるというのが一般的です。

本メディアの考えとしては、皆さんに是非転職時に年収をUPさせることにチャレンジしてもらいたいです。日本人は控え目なので転職時に年収UPを目指す人は少ないですが、帰国子女の方や欧米大学・大学院出身者はしたたかに年収UP転職を当たり前のようにやっています。日立製作所に転職する際に年収をUPさせるためのポイントは、同職種での転職です。同職種での経験・スキルが高く評価されてもらえれば、即戦力として価値が高い、貢献可能性が高いと考えてもらえるため、年収UPの可能性が高くなります。

そのためには、日立製作所の人事採用担当に価値が高いと感じてもらえるような職務経歴書の作り込みや、面接時のプレゼンテーション方法の対策や内定時にソニーの人事担当と年収交渉が必要になるため、自分1人では対策が難しくなります。年収UPへの対策・対応や、年収交渉の経験が豊富な、ランスタッド、パソナキャリアのような転職エージェントのプロに頼むようにしましょう。また、少し面白いサービスでおすすめなのが、MIIDASです。1-2分ほどの簡単な登録で自分の市場価値・適正年収を算出してくれるため、年収UPを図る上で、まずは自分の適性年収を把握しておくと良いでしょう。現状よりも高い年収が適正年収であれば、自信を持って転職交渉を進めることができます。

総括!日立製作所は20代30代の転職にオススメ?

総括として、日立製作所は転職にオススメです。高いレベルの課題解決能力を身につけることができ、駐在などの海外経験を積むことができるチャンスも比較的多いため、特に20代、30代の若手ビジネスマンには非常におすすめできます。

その他の転職企業図鑑

現在準備中。今後、掲載予定。